申し込みから差がつく、キャッシングカード戦国時代

申し込みから差がつく、キャッシングカード戦国時代

キャッシングというのは一見元からある言葉のように見えますが、最近になって作られた和製英語です。現金を意味するキャッシュ(Cash)に進行形を意味するイング(ing)をつけてCashingという言葉が誕生しました。言葉が変わっても借金であることには変わりがないのですが、借金に対してネガティブなイメージを持っている人が少なからずいるので、それを払拭するために考案された言葉です。語感も良いですし、見ただけでどういう意味なのかが想像できるので、これを考え出した人は実に素晴らしい言語センスを持っていると思います。

そんなキャッシングの歴史は非常に古く、最古に近い商売だとも言われています。古今東西、お金の入用があってそれを融通して欲しい人、お金を貸すことを商売にしたい人というのは必ず存在しており、それは現在でも変わりません。

最近ではコンピューターを活用することによって融資の審査についても実にスピーディになり、すっかり様相が変わりました。「ナニワ金融道」や「ミナミの帝王」といった、金融業をテーマにした漫画や映画などの世界は、もはやお話の中だけのことになっています。

申し込みの段階から徹底的に利便性が追及されている最近のキャッシングはいったいどうなっているのか、「ここまで来ているのか」と思わされるようなキャッシングの最前線を追ってみたいと思います。

申し込みから差がつく、キャッシングカード戦国時代

申し込みやすさは使いやすさ

使いやすさが追求された結果、非常に便利になったキャッシングの性能を紹介します。

管理人の申し込み体験記

「実際のところ、どうなのか」、そんな疑問にお答えするため、管理人自らが申し込みを体験しました。

申し込みの段階から徹底的に利便性が追及されているキャッシングの最新事情を追いました。